2017.02.14 Tuesday 23:52

思うこと

先日、滋賀県動物愛護推進員の研修に行って参りました。
私見ではありますが・・・率直な思いを綴ると・・・

 

講演内容は個人的には勉強になりましたが・・・
熱意の感じられるものではありませんでした。

 

他府県は殺処分数が減少しているのに
滋賀県は増えているという事実。

 

このように書くと一部の愛護者は保護管理センターに
抗議の電話をかけたりされるようですが
それで殺処分が減ることはありません。
逆に職員さんが動物の世話をする貴重な時間を
無駄な電話応対にとられることになります。

 

殺処分を減らしたいなら、抗議の電話をかけずに
直接保護センターへ赴き、1匹でも2匹でも
里親になってやってください。

 

ボランティアでも動物愛護推進員でも
本気で活動している人は、他の人がしていることの
批判をしている暇はありません。

 

批判をしている時間があるなら
批判をするようなエネルギーがあるなら
1匹でも救うために費やしたい。

 

つづく・・・

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

保護した白猫は全く攻撃性はありませんでした。
しかし手を近づけるだけで、ものすごく怖がるので
人に虐待された可能性があります。
信頼関係が築けるまでは時間がかかりそうです。

 


Comment:
Add a comment:









 
PROFILE

RECOMMEND
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.